Society for the Protection of AnimalsSociety for
the Protection of Animals

  1. TOP
  2. INFORMATION 一覧
  3. 「里親になる」という選択肢

INFORMATION

2019/08/13「里親になる」という選択肢

 

 

「ペットを家族に迎え入れたい!」と考えた時、はじめに頭に浮かぶのは、ペットショップでしょうか?

様々な種類の仔犬や仔猫、小さくて可愛らしい動物たちが、家族になってくれる人たちを待っています。

 

 

 

最近では、少しずつではありますが、「里親になる」という選択肢が広まりつつあり、SPAに遊びに来てくれるわんちゃんの中にも、“保護犬”ちゃんも増えてきたように思います。

「ペットを家族に迎え入れたい!」と考えた時、「里親になる」という選択肢を考えてくださる方が増えてきたという証拠でもあります。

私たちのように保護活動を行なっている者としては、とっても嬉しい事です。

 

 

 

SPAでよく聞かれるのが、「初めてでも飼えますか?」というご相談を受けます。

もちろん必要な知識はありますが、それはペットショップで仔犬や仔猫を迎え入れる際も同じ事。

何も知らないまっさらな状態、ゼロから仔犬や仔猫を育てていくのと、すでにいろんな事を経験し、世界を知っている保護犬・保護猫とでは、人間が教えるのか、教えてもらうのか、全く変わってきます。

 

 

 

 

トイレトレーニングやお散歩練習、社会化トレーニングなど、仔犬や仔猫はこれからたくさんの事を教えてあげなければいけません。

一方、保護犬や保護猫は元々飼われていた経験のある子や、すでに成犬、成猫になっている子もいますから、これから何かを教えてあげる、といった事は必要ない場合もあります。

「ペットを家族に迎え入れたい!」と考えた時、ご家庭での飼育環境やお留守番の時間などによっても、どんな子を迎え入れられるのか、考える必要がありますね。

 

 

 

例えば、お家が賃貸マンションやアパートの場合、ペット飼育可能な物件であっても、「小型」に限られていたりり、頭数制限があったり、「猫限定」だったり…

物件によって、様々な条件があります。大家さんに確認を取る必要がある場合もあります。

まずは住んでいるお家で、どんな子であれば迎え入れられるのかを考えてみましょう。

小型?中型?それとも大型でしょうか?

 

それから、お留守番の時間がどれくらいあるのか、お家でひとりにしてしまう時間を考えてあげましょう。

仔犬や仔猫はとっても可愛らしく、迎え入れたい!と思う気持ちもわかりますが、お留守番の時間が長いという事は、その分遊んでもらえる時間も少なくなり、たくさんの事を学んでいかなければいけない時期に何も学ぶ事ができずに大きくなっていた…という場合も考えられますよね。

排泄もまだまだ我慢ができませんから、帰ってきたら糞や尿にまみれていた…なんて事も。

大切な時期に、学ぶ事ができなかった犬や猫は、社会性を身に付けられないまま大人になります。

特に犬は、飼い主さん以外の人や他の犬が苦手になったり、吠えるようになったりします。

 

「今急いで仔犬や仔猫を迎え入れずとも、もう少し自分に余裕ができた時に考えようかな?」と、一歩踏みとどまって見るのも良いかもしれません。

 

 

 

 

もちろん、お留守番があるからと言って、犬や猫を飼ってはいけない、なんて事は決してありません。

むしろお留守番が全くないご家庭の方が珍しいです。

ある程度月齢が高く、すでに社会性を身に付けている状態であったり、多少は排泄が我慢できるようになってきた子であれば、仔犬であってもお留守番は可能だと思いますし、お留守番をさせる飼い主さんの気持ちとしても、安心だと思います。

 

 

 

ペットショップで新たな家族を待っている仔犬や仔猫は月齢が2〜3ヶ月くらいと、本当に小さすぎるくらいの子たちがほとんどです。

中には、売れ残って大きくなってしまった生後半年ほどの仔犬や仔猫もいたりしますが、環境によってはあの狭いお部屋の中にほぼ閉じ込められた状態で、他の犬や猫と遊ぶ機会が与えられなかったり、人間にも構ってもらえなかったりと、社会性を身に付ける事ができないまま大きくなってしまうケースもあります。

 

 

 

一方、保護犬保護猫

保護された状況にもよりますが、仔猫は、親子で保護されるケースがあったり、兄弟で一緒に過ごしていた子たちがが多いです。

仔犬も、野良犬のお母さんから生まれた子は、同じように兄弟で保護されたりしますから、兄弟で幼少期を過ごしてきた子たちが多いです。

小さい時から兄弟で過ごしていると、犬同士の遊び方を覚えます。じゃれ合いながら、力加減を学んでいきます。

そうして大きくなっていき、犬や猫同士の挨拶の仕方などを学んでいくのです。

 

 

 

また、犬と猫どちらを迎え入れるのかによっても生活は変わってきます。

犬はお散歩が必要です。これは排泄だけが目的ではなく、適度な運動をさせてあげるため、ストレス発散にも繋がります。

一方、猫はお散歩が必要ありません。中には首輪とリードを着けて、外に連れて歩いている方もいらっしゃいますが、基本的にはお家の中だけで問題ないでしょう。

排泄もしっかりとトイレでしてくれる子がほとんどですから、お留守番も安心ですね。

 

 

 

 

まずはご家庭の飼育環境に合った子を迎え入れるのがポイントです。

 

SPAでは、こうした「どんな子を迎え入れるべきか」といったご相談にも乗らせていただきます。

カウンセリングをさせていただく中で、年齢や性格などを含め、飼育環境に合った犬や猫とのマッチングを行なっていただく事ができますので、初めて犬や猫を迎え入れる、という方にも安心していただけると思います。

 

 

保護犬や保護猫に少しでも興味のある方、ぜひSPAにお立ち寄りください!

 

 

 

戻る