Society for the Protection of AnimalsSociety for
the Protection of Animals

  1. TOP
  2. INFORMATION 一覧
  3. もっとよく知ろう!「猫エイズ」のこと

INFORMATION

2019/08/13もっとよく知ろう!「猫エイズ」のこと

 

みなさん、「猫エイズ(猫後天性免疫不全症候群)」って、ご存知ですか?

 

猫ちゃんを飼われている方や、野良猫ちゃんの保護活動をされている方など、猫ちゃんに詳しい方々はもちろん、動物病院でそのワードを見かけたりした事がある!という方々もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

「聞いた事はあるけれど、実際どんな病気なの?」

「人にもうつるのでは…?」

 

 

「猫エイズ」をよく知らない方からすると、そう思ってしまいがちですよね。

今回は、この「猫エイズ」について詳しくお話していきたいと思います!

 

 

 

そもそも、「猫エイズ」とは、一体どんな病気なのでしょうか?

 

「猫エイズ(猫後天性免疫不全症候群)」とは、“猫免疫不全ウイルス”が原因で起こる症状の事です。

猫免疫不全ウイルスに感染した猫は、このウイルスを持つ“キャリア”となります。

この“キャリア”の段階では、猫自身の免疫がウイルスの活動を抑えていて、何の症状も出ていません。これがやがてウイルスの活動が活発になってくると“発症”となります。

発症すると、免疫機能が低下してしまうため、「日和見感染」という、普段は病気の原因にもならないような、ちょっとした病原体にも反応する状態になり、結果的に腫瘍や口内炎、貧血、下痢、食欲不振などの症状が出て、症状がさらに進行していくと最終的にほぼ100%に近い確率で亡くなってしまいます。

 

 

 

 

 

では、この“キャリア”の猫すべてが、「猫エイズ」を発症してしまうのでしょうか?

 

ウイルスを持っているすべての猫が発症するわけではありません。キャリアであってもずっと発症せずに、そのまま天寿を全うする子もいます。この、発症するかしないかの差は、猫ちゃんの生活環境が大きく関わってくるようです!それについては、後ほど詳しくお話しします。

 

 

 

 

 

「猫エイズ」は、一体どこから感染するのでしょうか?

 

ウイルスの“キャリア”の猫による咬傷や交尾によって感染します。

ウイルス自体は感染力の強い病原体ではありませんので、空気感染や接触感染はしません。また、「猫エイズ」は猫同士でしか感染しませんので、人間にうつる心配もありません。「猫エイズ」の子は触ってはいけない、なんて事は決してありません。

室内飼育の猫は、猫エイズキャリアの猫と接触する機会がなければ、「猫エイズ」に感染するリスクはほとんどないのです。

 

 

 

 

では、その猫エイズキャリアはどこにいるのでしょうか?

 

“野良猫”の中に、キャリアの子がいるのです。

野良猫同士は喧嘩も多く、流血するほどの大きな喧嘩をする事もあります。また避妊去勢もしていない状態のため、発情期には交尾をします。そうして、野良猫の間で「猫エイズ」が広がっていると言われています。

 

また、猫エイズキャリアの母猫から生まれた子猫も、猫エイズキャリアである事もあるようですが、必ずしも感染して生まれてくるわけではなく、ケースによります。猫エイズキャリアの母猫から生まれた子猫はウイルスへの抗体を持っているため、血液検査では「陽性」となっても、実際にはウイルスを持っていない場合もあるようです。

 

 

 

 

 

どうやって感染したかどうかがわかるのでしょうか?

 

「猫エイズ」に感染したかどうかは、血液検査をすればわかります。

ただし、感染直後の場合は反応が出ません。一度「陰性」と判断されても、1〜2ヶ月後の検査で「陽性」だとわかる場合もあります。

 

 

 

 

 

「猫エイズ」に感染したら、どのような症状が出るのでしょうか?

 

感染直後には「急性期」と言って、風邪のような症状が長くて2ヶ月くらい続きます。その後は、発症しない限り他の猫ちゃんたちと同じように生活できます。

 

 

 

 

 

「猫エイズ」の発症を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?

 

キャリアの猫ちゃんが発症した場合どのような症状が出るかというと、まずはリンパ節が腫れます。

猫は喉や脇、膝の後ろ、足の付け根などにリンパ節があるので、そこが腫れていて気づく事もあります。

他にも、口内炎ができてごはんを食べない、ぐったりしている、などの症状が出て、飼い主さんが気づく事もあります。

「猫エイズ」自体を治療する事はできませんが、発症したら基本的には痛み止めなどの対症療法を行ないます。ウイルスの活性を抑える薬を使う事もありますが、劇的な効果を期待できるものではないようです。

 

 

 

 

「猫エイズ」は猫以外の動物にも感染するのでしょうか?

 

猫同士でしか感染しません

「犬エイズ」という病気は存在せず、一般的に飼育されている動物の中で「エイズ」になるのは猫ちゃんだけです。

また、「猫エイズ」は人間には感染しませんし、人間のエイズウイルスも猫に感染する事はありません。

 

 

 

 

 

では、「猫エイズ」はどうやって予防すれば良いのでしょうか?

 

予防接種によって感染予防する事ができます。基本的に、「猫エイズ」キャリアの猫に噛まれたりしなければ感染する事はありません。

完全に室内飼育をしていれば、特にワクチンを打つ必要もないと言われています。

どうしても家の外に出さなければならない事情があったり、多頭飼育している猫ちゃんの中に「猫エイズ」キャリアがおる場合などは、ワクチン接種が必要かと思います。

 

野良猫や捨て猫だった猫ちゃんを保護したら、すでにキャリアだったという場合もあります。未去勢のオス猫は発情期に喧嘩をしやすいので、そのような猫ちゃんを保護している場合は他の猫ちゃんへの感染予防のためにワクチン接種が必要になる事も。

 

ただし、多頭飼育していても咬傷事故がなければ感染しないですし、100%予防できるワクチンではない事から

、本当にワクチン接種が必要であるかどうか、かかりつけの獣医さんに相談してみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

キャリアであっても発症させないためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

一番大切なのは、“ストレスのない生活”を送る事です。

清潔なトイレや飲み水、栄養のある食事を与える事。騒音などのない、落ち着いた環境で過ごす事。そして、愛情をたっぷりかける事。

ストレスのない毎日を送ることにより、免疫力を高く保つ事ができます。その結果、発症のリスクを下げる事につながるのです。

キャリアの猫ちゃんを飼育している飼い主さんは、猫ちゃんが快適に生活できる環境を整えてあげましょう。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

一括りに「猫エイズ」と言っても、キャリアの子や、未発症の子もいるんです。

1匹でも多くの保護猫ちゃんたちが新たな幸せを掴めるよう、少しでも皆さんの「猫エイズ」へのご理解が深まれば良いなと、願うばかりです。

 

 

 

私たちSPAでは、当施設で保護させていただく猫ちゃんたちの保護主さん、または飼い主さんに統一して、この「猫エイズ」の検査をお願いしています。

月齢が低く、検査結果が正しく出ない子猫ちゃんたち以外は、すでに検査結果がわかっている状態で保護・里親募集をさせていただいております。気になる方には検査結果等、お伝えできますのでご安心くださいね。

 

保護猫ちゃんに少しでも興味がありましたら、いつでもお気軽にSPAにお立ち寄りください!

 

 

 

 

 

 

 

 

戻る