Society for the Protection of AnimalsSociety for
the Protection of Animals

  1. TOP
  2. INFORMATION 一覧
  3. 保護犬と野良犬

INFORMATION

2019/08/13保護犬と野良犬

 

「 保護犬 」という中にはいろんな事情を持っている子たちがたくさんいますが、

今回はその中でも「 野良犬 」として保護された犬たちについてお話していきます。

 

野良犬と言っても、どのような子たちなのかあまりイメージが湧かなかったり、地方ではまだいるところも多いですが、最近では都内などではほとんど見る事がないため見かけた事がある方、ない方などいるのではないでしょうか。

 

 

 

 

野良犬たちの元々は、放し飼いや外で飼われていた子達や飼われていた子たちが人間によって捨てられてしまい、そういった子たちが繁殖を繰り返して野生化し、増えていってしまったというのが野良犬たちの現状であります。

野良犬に対して、「怖い」「噛みそう」「厄介だ」というイメージがあったり、「怖がりな子が多そう」「懐かなそう」「噛みそう」などマイナスなイメージを持つ人もまだまだ少なくないです。

 

実際に、野良犬たちは警戒心が強く、野良犬たちからしても人間に良いイメージを持っていない子たちも多いため、自分自身や縄張り、仔犬を守ろうとして人間に攻撃をしてしまったり威嚇をすることもありますが、それは危険を感じているからの行動であり、何もなしに人間に攻撃してくることはほぼありません。

地域や場所により、野良犬として暮らしている環境によっては人に寄ってくるような懐っこい野良犬も多くいます。

ごはんをあげてくれている人がいたりするのでしょう。

 

その中でも生まれて間もない状態で保護されたり、母体の中にいる状態で保護され、その保護先で生まれてすぐに人間と接している子たちなどは、人間への恐怖心が芽生える前から人間と一緒にいるので比較的懐っこい子もいます。

 

 

 

 

では、すでに成犬の状態で保護された子たちが人間に懐くことはあるのか?

 

これは、「 イエス 」 です。

もちろんかなり人間に対しての恐怖心が強く、愛玩犬のような存在になるにはほど遠い子もいると思います。

ですが、人に対して慣れる の度合いは、人とその犬たちが一緒にいる空間で、生きるために必要な事ができるかどうかです。

 

ごはんを食べる ” ” 水を飲む ” ” 排泄をする ” ” 眠る

 

上記のことは当たり前のことに思いますが、この状態は気が緩んでいたり、隙ができる時でもあり、敵から狙われやすい状態になるため、落ち着いていたり、安心できるところでないとすることができない子がほとんどです。

その子によって、人との生活が自然に出来るようになるまでに、何年もかかる子もいます。

でもその分、愛情をかけ日々接していれば必ず信頼をおいてくれます。

どんな子も私たちを 癒してくれる、そして 支えてくれる存在 には変わりません。

 

そしてたくさんの方にお伝えしたいこと。

犬たちは、ただの人間の愛玩動物 ではありません。

人間と同じく、気持ち、意思をしっかりと持って生きている動物たちです。

 

 

 

 

” パートナー ”  ” 兄弟 ” ” 先輩 ” ” 親友 ” 

みなさんにとって犬たちはどんな存在ですか? 反対に犬たちにとってどんな存在になりたいですか?

 

 

 保護された犬たち を 保護犬 から 家庭犬 へ 

SPAでは、これからも保護犬たちが毎日を幸せに暮らしていけるように。

そして保護犬と暮らしたいと考える方のサポートをさせていただく活動を、発信を続けていきます。

 

 

ペットを迎え入れる一つの選択として、保護犬を考えてみませんか?

 

 

戻る