Society for the Protection of AnimalsSociety for
the Protection of Animals

  1. TOP
  2. INFORMATION 一覧
  3. 保護犬・保護猫のために活躍しているボランティア

INFORMATION

2019/08/13保護犬・保護猫のために活躍しているボランティア

 

「 ボランティア 」って実際にどんなことをしているものなんだろう?

と思う方も多いのではないでしょうか?

 

最近では、様々な世界や分野でボランティア活動の活発な動きが見え始め、社会のために活躍するボランティアが多く存在し、ボランティアという活動、言葉が持つ本来の意味や意義への理解広まってきました。

 

よくテレビなどでも見かけることのあるボランティア活動には、被災地での炊き出しや、掃除、身の回りのお世話などが多くありますが、

・公園、海、山などの自然環境を守る、維持するための活動

・難民救援や食料救助などの国際協力への活動

・社会福祉、まちづくり、医療サービスなどに関した活動

以上の活動の他にもまだまだたくさんのボランティア活動が存在し、多くの人たちが自身の意思で、社会問題の改善のために、技術や知識、労働力を使い、活躍してくれています。

 

 

 

 

〔 動物のために活動するボランティア 〕

 

地球温暖化などからの問題から、世界にいる絶滅の危機にいる動物たちを守るため救うために活動を行う団体やボランティアもいれば、人間の身勝手な行動から殺処分を繰り返されている動物たちを守るため救うために活動を行う団体やボランティアも近年でとても増えてきました。

 

その中でも今回は、保護犬・保護猫たちを救うために活躍するボランティアについてお話をしていきます。

 

ボランティアと言ってもその内容は様々なのですが、

その一つに、「 ミルクボランティア 」と呼ばれるボランティアさんがいます。

その名の通り、生後間もない仔犬や子猫たちに、母犬母猫の代わりにミルクやごはんをあげ、離乳の時期まで、もしくは離乳から通常のご飯が食べれるようになり、里親さんの元へ出すことができる段階になるまで母親代わりに犬猫たちのお世話をする活動です。( 月齢で言うと、生後0日から生後2ヶ月くらいまで )

目も開かない生まれたての子たちは、人間の赤ちゃんと同じく2〜3時間おきにミルクあげが必要です。

そして排泄の促しから寝かせつけまであり、それが離乳するまでの期間続きます。

それはもうボランティアという枠に収めきれないほど大変なことであり、簡単にはすることのできない気力も体力のいる活動です。

 

また最近では、保護された犬猫たちが里親さんの元へ出るまで、自宅で犬猫たちを預かり身の回りのお世話をする「預かりボランティア」というボランティアさんもとても多くなってきています。

 

SPAでは、同じく犬たちのための活動を行う保護団体さんと連携をとり、これまでも沢山の子たちに新たな家族を見つけることができておりますが、その影には、こうして犬猫たちを助けるために自身の時間を使って、犬猫たちへたくさんの愛情を注いで、命を繋いでくれているボランティアさんがたくさんおります。

本当に感謝しきれません。

 

 

 

 

そして、保護譲渡を行う犬猫の保護団体にはなくてはならない存在である、

保護した犬猫たちが譲渡に出るまでの期間、全般的なお世話を手伝ってくださるボランティアさんもおります。

SPAでも実際に、SPAの犬猫たちのお世話をボランティアさんたちに手伝っていただき、一緒に活動を行なっていただいております。

 

その内容としましては、

部屋の掃除、ごはんあげ、お散歩、トリミング、グルーミングなどなど。

他にも、啓蒙活動やお越しいただいた方と犬猫たちの話をしたりと、スタッフ同様に作業を行い、お手伝いいただいております。

 

SPAでは、ボランティアさんも、施設に立っていただいている以上はスタッフと変わりません!

沢山の方とお話をしてこの活動を広めていただき、SPAにいる保護犬、保護猫たちが一頭でも多く幸せを掴んでもらうために一緒に活動をしております。

 

犬や猫が大好きな方、人とお話をするのが得意な方、明るく元気にボランティア活動を行いたい方。

 

もし少しでもSPAのボランティアにご興味がありましたら、まずはお問い合わせもしくはSPAスタッフまでお声掛けください。

*まず初めにSPAの方針、コンセプト等をお話をさせていただいた上で、ボランティアを行なっていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

戻る