Society for the Protect to AnimalsSociety for
the Protect to Animals

  1. TOP
  2. INFORMATION 一覧
  3. 子犬を飼うときに必要なこと

INFORMATION

2019/08/13子犬を飼うときに必要なこと

 

 

子犬を飼うとき、家族へ迎え入れる際に必要なことは、何があるでしょうか?

 

 

 

 

①まずはお部屋の状態を整える

 

子犬たちは好奇心が旺盛な子が多いため、初めて見る物や楽しそうな匂いがする物など、色んな物に興味を示します。

例えば、うねうねしているコンセントの線やふわふわしているティッシュ。噛みやすいスリッパや色んな匂いがしてくるゴミ箱。

どんなものだってその子にすれば楽しいオモチャに見えるのです。

コンセントの線などに関しては誤って噛んでしまうと、感電してしまう恐れがあります。人間と同じく感電すると命の危険にさらされてしまうこともあります。

いたずらされたら困る物、いたずらしてしまったら危険な物はあらかじめ見えないところへしまったり、手の届かないところへ移動させましょう。

 

また、いたずらをしてしまうのは、気になるものが目の前にあるからということもそうなのですが、いたずらをできる暇があるからでもあるのです。

好奇心旺盛な子犬たちは、体力や元気だっていっぱいです。

その子との時間を作って犬用のオモチャで引っ張り合いっこやボール投げをして遊んであげたり、ごはんやおやつを使っておすわりやまてを教えてみたり、暇つぶしのできるアイテムを使って頭を使うトレーニングを一緒にしてみましょう。

体と頭を使うことはとっても体力を使うことなのでひとしきり遊んだ後はいたずらすることも少なく、ぐっすり寝たり休憩をするはずです。

これは飼い主とのコミュニケーションを取るための大事な時間でもあるのでぜひ行ってみてください。

 

 

 

 

 

 

②ペットグッズを揃えておく

 

最低限必要になってくる物として、

  • フード
  • ごはん皿、水皿
  • 首輪、ハーネス、リード
  • ペットシーツ
  • ケージ、クレート

 

このセットを揃えておけば慌てることなく子犬のお迎えができると思います。

 

【フード】

本当にたくさんの種類のものが売られています。種類が多すぎて何がいいのか分からない。となってしまう方も多くないと思います。

子犬たちはいきなりフードが変わってしまうと便が緩くなってしまったり、体調を崩してしまう子もいるので、まずはその子をお迎えするところで今まで食べていたフードを聞いてみて同じ物、もしくは似た成分が入っているものを用意してみましょう。そこから少しずつ今後の与えるフードとミックスしてみたり変更していきましょう。

NPO法人SPAの施設でもペット用品を販売しており、フードも購入することができるのでぜひ覗いてみてください。

 

ごはん皿、水皿】

これもいろんな種類が売っており、陶器やステンレス、メラニン素材のものなどあります。

また大きさも様々なのでその子の大きさにあったものでお気に入りのものをぜひ用意してみてください。

最近は、お散歩時に使える折りたたみの水皿などもあったりするので一緒に揃えてみるのも良いかもしれません。

 

首輪、ハーネス、リード】

こちらも模様、形、素材、使い方など違うものがたくさんあります。

この3つは、お散歩の時も毎日使用するものでもあるので、その子に合うものを用意してあげましょう。

成長につれて大きさも変わってくるので都度確認をしてあげてください。

最近は、迷子札を一緒につけられるものや名前の付けられる物などあります。万が一、出先で迷子になってしまった時なども迷子札があれば飼い主を探すことができるものでもあります。

 

【ペットシーツ】

ペットシーツは、排泄をさせる際に必要なものです。

もちろんその子によっては、外でしか排泄はしないといった子もいたりするのですが、小さい頃はどうしても粗相は付き物です。トイレのしつけをさせるためにも必要なものですし、何かあった時にあると便利なものでもあるので購入しておいて損はないと思います。

 

ケージ、クレート】

普段お家をフリーでいるから必要ない。といったご家庭も少なくないと思うのですが、これは災害時に必ず必要になってくるものでもあります。

もし何かの災害が起き、避難をする場合、避難所ではペットOKな場所でもクレートに入れることが必須であったりするところがほとんどなのです。

また、車に乗せる場合もクレートに入れることで事故があった際にその子を守れるものでもあるのです。

置くところがないといった場合でも、折りたたみ式のクレートやケージも多く売られているので使用しやすうものを探してみてください。

 

 

 

 

 

③その子を生涯幸せにするという気持ち

 

子犬も、気づいたらあっという間に成長して大きくなっていきます。

人間と同じく怪我をしたり体調を崩すこともあれば、病気になってしまうこともあります。

歳をとってくると足腰が弱くなってくる子もいます。

そんな時も、一匹の家族ですから寄り添い助け合いながらより良い暮らしをしていくことが大切だと思います。

 

お話しさせていただいた3つのこと。ぜひ参考にしていただけますと幸いです。

 

 

現在は、ペット保険やペット信託など様々なペットのためにできることが増えています。

何かあってからではなく準備をしておくことも必要なのです。

SPAでは、ペット保険の見直しやペット信託のご紹介もさせていただいております。

もし気になる事やお困りのことがありましたら、いつでもご相談ください。

 

 

 

 

犬猫の譲渡・保護、寄付型ペット用品販売

〜NPO法人SPA〜

東京都山王3ー28−2

SPAのHPはこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

戻る