Society for the Protect to AnimalsSociety for
the Protect to Animals

  1. TOP
  2. INFORMATION 一覧
  3. 犬猫のペット保険は入るべき?

INFORMATION

2019/08/13犬猫のペット保険は入るべき?

 

 犬猫のペット保険って必要なの? というご相談を受けることがあります。

 

人間には、国民健康保険や社会保険などの保険が義務付けられていますし、何かしらの保険にはいっている状態の人がほとんどだと思います。

そのため怪我をして病院へ行った時、風邪をひいてしまって病院へ行った時などお支払いの際は、保険がきいているため自己負担が少なくなることが当たり前になっていると思います。

なのであらかじめ病院へ行く際に保険で負担が軽くなるという気持ちで安心して病院へ行くことができますよね。

 

 

では、犬や猫達はどうでしょう。

 

 

 

 

犬や猫たちなどの動物は、とても我慢強く痛みなどを我慢する傾向があります。

そのため中々体調の変化や痛みを誰かへ伝えることも難しく、一緒にいる飼い主や周りの人でも気付きにくいことが多いです。

そして実際にペットたちの変化に気づいた時、これは病院へ連れていくべきなのか様子を見るべきなのか、ペット達の声が聞けないのでどうしたら良いのか悩む方や、心配になり病院へ駆け込んだりする方も多いのではないでしょうか。。

 

ペット達の診察はとても繊細な処置になるため、診察内容によっては思っている以上に費用がかさんでしまうことがあります。

初めての病院となると初診料だけでも1000円〜1500円。それに加えて薬代と費用がかかります。

それが通院が必要になってくることだったり、手術が必要という診断をされた場合は、多額の費用になってくることも考えられます。

その中でも手術となると、数万円から何十万円もの金額になることも、、、

 

手術費用や病院費用には、ローンで支払いができるといったところはほとんどありません。

現金払い、もしくはクレジット払いでその時のお支払いになってしまいます。

 

 

 

 

もしペット保険に入っている場合、保険会社によっても保険の内容などが変わってきますが、

診察費用を30%から70%。もしくは100%保証がある保険があったり、

手術費用、入院費用、通院費用などのそれぞれ保証をしてくれる保険があり、葬儀費用の負担までしてくれる保険があったりします。

 

そのためもし我が子に万が一のことがあり、急な多額の費用のお支払いになってしまった場合でも保険が適応となる場合は負担をかなり軽くすることができるのです。

 

我が子に限っては、小さい頃から健康体だからきっと大丈夫。

もう少し年齢を重ねてから。と思っていても、人間同様生きている命ですからいつ何が起こるかは全く想像もつきません。

 

万が一のためと思っていても、保険料が高いから入ることに躊躇してしまうという方も、現在では月々の支払いが低く設定されている保険もあったりするのでご自身とペットに合う保険を探してみてください。

 

 

SPAでは、ペット保険の見直しやペット保険の加入手続きのご相談も承っております。

もし何かお困りのことなどございましたらいつでもSPAまでご相談ください。

 

 

戻る