Society for the Protection of AnimalsSociety for
the Protection of Animals

  1. TOP
  2. INFORMATION 一覧
  3. SPAと保護犬たち

INFORMATION

2019/08/13SPAと保護犬たち

 

現在SPAにて里親さん探しをしながら暮らしているわんこたちは、元野良犬の赤ちゃんとして保護された子だったり、小さい頃に野良時代を過ごした経験のある子たちがとても多いです。

 

 

 

「スタッフさんには、とても懐いていますね。」

「人はあまり好きではないのですか?」

「私たちに寄っては来てもずっとスタッフさんのことを見ていますね。」

「私たちにも懐いてくれたり、慣れてくれたりするのでしょうか?」

 

と、いわれることがとても多くあります。

 

SPAにいる保護犬たち、他の団体さんにいる子たち。みんな人が嫌いなわけではありません。

ただ、 知らないこと は怖いのです。

この人は、僕にどんなことをする人だろうか。怖いことをする人かな?大丈夫な人かな?

 

そんなちょっとした恐怖感や、不安な気持ちを抱いている子が多いのです。

なので犬たちはよく人や物がどんな動きするのか、 ” 聴覚 ” ” 嗅覚 ” ” 視覚 “ を使って観察をします。

 

怒っている時やイライラしている時、嬉しい時や喜んでいる時、人から出てくる匂いは犬からすると違う匂いがするそうです。

また、その時の人からでているオーラや圧によっても、感じる物があるそうで、

この人は今こんな感情を持っているかも。近寄りがたいかも。大丈夫そうかも。などと判断をしていると言います。

 

この判断ができるまで、その子の性格によっても受け入れ態勢になるまでは、犬それぞれであります。

 

 

 

 

「私たちに寄っては来てもずっとスタッフさんのことを見ていますね。」

「私たちにも懐いてくれたり、慣れてくれたりするのでしょうか?」

 

SPAにいる子たちは、SPAへ来てからは里親さんのところへ行くまではSPAの施設で暮らしています。

そのためどの子も、見に来てくれたお客様よりスタッフといる時間が  今は 一番長いです。

 

朝のおはようをしてくれるひと。

ごはんの用意をしてごはんをくれるひと。

お散歩に行ってくれるひと。

おトイレやお部屋の掃除をしてくれるひと。

たくさん褒めてくれるひと。

おやすみをしてくれるひと。

怖い時にそばにいてくれるひと。

抱っこしてくれるひと。

安心できるひと。

 

その子によってどんな風に私たちを見てくれているのかは、その子に直接聞いてみないとわからないのですが、

上記にあげたどれかしらに必ずスタッフの誰かの存在が当てはまっていると思っています。

 

でも私たちは、自分たちに慣れさせようとして何か特別なことをしているわけではありません。

むしろたくさんの方の存在を知ってもらい、頼ってもらいたいので、少しドライな反応をするときもあります。

1日の時間の中で、この上記の時間をその子のことを思いながら一緒に過ごしサポートをしているだけです!

 

そのためわんこたちは、いつでも近くにいるスタッフの存在を確認したりしますが、

これは 施設にいる間の 私たちの存在 なのです。

 

新しい環境に行ったとき、その子によっては、環境に慣れるのが先の子もいれば、人に慣れるのが先の子もいます。

そのときに一緒にいてくれる存在が、

自然と「信頼できる大好きな人と、安心できる場所」に変わっていきます。

 

 

わんこを飼う時の選択肢を、一つから二つに。

保護犬を、SPA犬を迎え入れる選択肢を一緒に考えてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戻る