Society for the Protection of AnimalsSociety for
the Protection of Animals

  1. TOP
  2. INFORMATION 一覧
  3. SPA1周年

INFORMATION

2019/08/13SPA1周年

 

 

SPAは、昨年2019年8月29日に、施設をオープンさせていただいてから、

本日で「 1周年 」を迎えることができました!!

 

1年の間、こうした活動を継続することができたのも、SPAを支援、応援してくださっている皆様のおかげであります。

 

この場をお借り致しまして、SPAに関わってくださっている全ての方々へ、感謝のお気持ちをお伝えさせていただきます。

 

 

 

誠に、ありがとうございます。

 

 

 

1周年を迎えた今、SPAが思うことは、ここへ書き切れないほどたくさんあります…

 

 

行き場を失ってしまった野良犬や野犬たち、野良猫ちゃんたちの多さ。

 

中々減らない殺処分されていくペットたちの存在。

 

様々な事情で、犬猫をはじめとするペットたちを手放すことになってしまうご家族様がたくさんいる現状。

 

保護犬・保護猫を家族に迎え入れたいと考えている方がたくさんいらっしゃること。

 

ペットを飼われている方、これから迎え入れる事を考えている方から様々なご相談をお受けすることが多いこと。

 

保護団体の存在を、現状を、深く知りたいと学びにきてくださる学生さんや子供達が大勢いらっしゃること。

 

 

 

SPAは、これからも、ただ犬猫たちの保護・譲渡施設としてあるだけでなく、

ペットを飼われている方々、これから犬猫たちを家族として迎え入れたいと考える皆様のトータルサポートをできるような立場、施設でありたいと思っております。

 

 

NPO法人SPAが、目標としているところ、

それは「 殺処分ゼロ 」ではありません。

 

 

今や、日本のたくさんの保護団体さんが、殺処分を減らそうと、ゼロにしようと、日々切磋琢磨しながら活動に励んでいます。

その中で、私たちSPAがしていくべきこととしてあげていることは、

 

「もっとたくさんの方へ 保護犬・保護猫 の存在を知ってもらうこと」

「保護犬・保護猫たちに対する 価値観を上げていく こと」

「今人々に思われている 保護団体 という 存在 を イメージ を変えること」

 

日本全体での保護動物に対しての関わり方がもっと変わってくると思っていますし、それが少しづつ殺処分ゼロに繋がっていくことでもあると思っています。

 

 

たくさんの保護団体ができ、動物たちを助けようと動いていますが、100団体あれば、やり方も方針も100あるように、それぞれが違います。

それでも、活動している団体、人々全てに共通していること、それは「動物たちのために」という気持ちと思いです。

 

 

どこからきた子でも、どんなところにいた子でも、みんな変わりなく愛らしく素敵な子たちです。

 

 

SPAは、SPAだけでなく、同じ思いを持つ様々な団体さんや動物業界と手を取り、協力し合いながら、これからもこの活動を続けていきます。

 

 

 

 

 

 

最後に、SPAを応援してくださる皆様へ

 

皆様からの支援・応援に加え、理解と協力がなければ、この活動を広げていくこと、大きくしていくことは難しいです。

SPAは、まだまだ駆け出しの団体であり、未熟な部分も多いですが、日々精進して参りますので、

これからもっともっとたくさんの応援をどうかよろしくお願い致します!!

 

 

 

 

 

SPAスタッフ、わんこにゃんこ一同

 

 

 

 

戻る